• 株式会社 絢アーキテクト・ファクトリー

相続・空き家・介護リフォーム相談窓口少ないと思いませんか?



ご相談下さい。少しでもお手伝いをさせてください。


私は在宅介護歴20年(当時30歳から51歳まで)両親を一人で在宅介護しました。

当時、話し相手がいない、介護の話分かる人がいなかったです。

お一人で介護されている方、ストレス貯めないで。

私でよければ、吐き出してください、お聞きすることしかできないかもしれませんが。

一つでも、一歩でも、一日でも一緒に前に進みましょう。

私は一人ぼっちで、両親を在宅介護してきました、話し相手がいないし、相談相手もいないそして相談窓口がない、役所でも介護の窓口で分かる人は少なかった気がします。


今は介護の窓口は多くあり、福祉課でも多く係が分かれ、老方や高齢者福祉課が単独の課になりかつ係が分かれ窓口多すぎ。どの窓口に行けばいいの、行ったらいったで、たらいまわし、同じことを何度も話、分からないまま帰宅。ってことないですか。

愚痴でもなんでも、お聞かせください。


相続相談や空き家問題は、思いもかけないときにおこります。

登記費用はどのくらい掛かるのだろうとか、知りたいことは多々あるかと思います。

お話お聞かせください、少しでもお力添え出来たらと思います。


思いついたらご相談ください。思い出したらご相談ください。




最新記事

すべて表示

もうの一度、人の命の大切さを考える時がきていいるのではないのかな。 平和の日とは・・・日本だけのことではない。 戦争を知らない子供たちとして生まれた私は、両親や叔父さんから体験談を聞いた。 ウクライナへのロシアの侵攻、なぜ人が人を殺しあわなければならないのか。 モスクワの若者たちの戦争への関心度は低いということをしり残念に思う。 核をちらつかせ、国連の常任理事国で有るロシアが不条理な殺戮をしている

先人たちのファサードマップあなたのご自宅は大丈夫❓ 自治体のファサードマップのチェックは見たことありますか。 新築した家も、浸水することもあるので、注意は必要です。 気温の上昇や豪雨被害どこに住んだらいいのか分からない。 心配なことばかり続く今日この頃です。 唯一、雨風のしのげる家の暖かさを実感しています。 『災害は忘れたころに遣ってくる』この言葉わすれていませんか。 何十年も住んでいるがこんな事